スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

ハコビジョン ラブライブ! とは?? 別シリーズのハコビジョンで検証してみたよ!


hako.jpg


本商品は、スマートフォンの映像を手のひらサイズの箱内に投影することで、
手軽に3D映像を楽しめる食玩、「ハコビジョン」シリーズ最新作です。

「ラブライブ!」のアイドルグループμ’s(ミューズ)のライブを、
手のひらサイズのステージで楽しむことができます。


とのことでしたが・・・いまいちどんなものかわからず、気になったので
ミクちゃんのハコビジョンで体験してみました。

簡単にですがレビューしますっ参考になれば幸いです。
まず外観です。想像よりかなりちっちゃいです。
幅85mm 高さ60mm 奥行き65mm
(ハコビジョンラブライブ!は奥行き80mmとのこと)

それから、上フタをペリっと剥がし、背景パーツと
投影用レンズ(というかプラパンみたいなやつ)
をはめ込めば早くも完成。

そして、このハコの側面にQRコードがついてますので
それを読み込ませるとYoutubeのサイトへ。
ちょっと驚きですが動画はYoutubeで配信されます。

qr.jpg


これをスマートフォンで再生させながら、下向きに画面を向けると
投影用のプラスチックがスマホの画面を反射して
動画が再生される、という仕組みになってます。


さぁ、それで肝心の映像はと言うと・・・
予想より平ぺったいです。

ミクさんなのでどうしてもホログラムみたいな映像を想像してしまいましたが
そういうものではなく、ちっちゃいスクリーンにプロジェクターで
投影したような感じになります。

プロジェクターよりは鮮明な画像を楽しめますので、
ミニシアターというべきでしょうか。

しかし、しばらく映像を試聴していますと
背景パーツがよく活きている事に気づきます。

例えばこの背景パーツですと、
四角いところが大小合わせて5つあるのですが
これが映像では5つのモニターとして利用され動画が流れます。
(ちっちゃい丸はステージのライトになります)

haikei_201501160318021fe.jpg


背景パーツは一枚の背景紙ではなく、プラスチック製でなおかつ凹凸があるため、
結構立体感があります。

そして配信される映像ではその背景を上手く利用して
あたかもライブ映像を見ているような感じになります。

2_20150116031801d84.jpg

1_20150116031759ae6.jpg

3_201501160322480e1.jpg
(動画じゃないのでイメージを伝えにくい・・・)

この背景パーツこそがハコビジョンの醍醐味では無いでしょうかっ。
背景パーツとマッチすると、なかなかいい感じに映像を盛り上げてくれます。


ちなみにハコビジョンラブライブ!では

「僕らは今のなかで」と、ユニット曲「Pure girls project」
「Cutie Panther」「微熱からMystery」のうちの1曲の計2曲を楽しむことができます。

とのことですので全9種類ですが背景パーツと楽曲は
Printempsとlily whiteとBiBiのメンバーで共通だと思われます。

それぞれの違いは、ミクさんにはついてなかった床面シートのカラーと、
各メンバーのオリジナルボイスがそれぞれ付いてくることのようです。

また、『ラブライブ!チケットケース with ハコビジョンチケット』は
本物のチケットケースと追加楽曲のQRコード、背景パーツが付属。

追加楽曲は
微熱からMystery(TeKe-TeKe ELEKI Mix)
Pure girls project(Super-Mordo Mix)
Cutie Panther(Metal-Panther Mix)
とアレンジ楽曲のようで、なかなかボリュームありますね!

個人的に結構期待してます。楽しみですね~。

ただ唯一気になるのは・・・

model.jpg

3Dモデリング大丈夫ですかね
スクパラを彷彿させる・・・。

さ、サンプル画像だからですよね・・・多分。

関連記事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。